岩崎訓久さん、悦子さんの山梨から引越された東京蔵前工房に伺いました

2018年5月3日 | 活動日記

岩崎訓久さん、悦子さんの山梨から引越された東京蔵前工房に伺いました。

IMG_8179
3月に引越して1ヶ月、ようやく機を組立て織始められ、蔵前メイドのスタートです。
機は3台組まれていました。
もう一台組みたいそうですが染場の確保などでとりあえず3台で始められ片付けながら4台にしたいそうです。

IMG_8155
玄関先に干された染めた糸。
アスファルトの道路に面してますので山梨の工房よりも乾きが早いとのことです。

IMG_8160

IMG_8159
碓氷製糸さんの純国産繭「きびそ糸」。
(いままでは宮坂製糸さんの「きびそ糸」を中心に使われていました。)

IMG_8157
藍染の糸。

IMG_8163
蔵前メイド一号八寸帯。

IMG_8164
蔵前メイド一号半巾帯。

IMG_8169
今年の当社6月の「岩崎 訓久、悦子展」用の手紡糸と久米島式真綿紡ぎ台。
色々に染められた真綿をこの台に絡め、多色の真綿を混ぜながら紡ぐことで糸そのものにグラデーションが出来ます。

毎年当社の会では新作を発表してくださいますが、今年はこの糸を使って織る平織り真綿紬のようです。
しっかりとした久米島紬のような風合いです。
6月が楽しみですね。


IMG_8171
ご家族と一緒に引越して来た亀の「ミドリ」はホームシック気味なのか
私が怖かったのか工房の片隅で・・・