【浜松店】お客様コーディネートのご紹介

2017年6月28日 | 活動日記

お客様コーディネートをご紹介いたします。

IMG_5894
松原孝司さんの本藍長板染キモノに岩崎訓久さんの八寸帯「石畳」のお支度です。
キモノは表は無地で裏面に斜格子柄を染めていますので、
表に裏面の柄が浮び上がる孝司さんの遊び心とH様のオシャレ心、日本人のキモノの美へのこだわりに拍手!

IMG_5899
市松染紗紬キモノに琉球絣名古屋帯のお支度です。

IMG_5904
松煙染キモノに絽塩瀬染帯のお支度です。

IMG_5908
岸本頼子さんの木綿地絞りキモノに松原忠さんの本藍長板染名古屋帯のお支度です。

IMG_5915
本結城縮キモノに松原孝司さんの本藍染紗名古屋帯のお支度です。
帯芯に斜縞を染め、紗の生地を本藍と丹柄で染めていますので紗袷せの帯です。

IMG_5917
松原染織工房の本藍染キモノを片身変わりに仕立てたキモノに榀布八寸帯を
合わせたお支度です。

IMG_5926
松原與七さんの本藍染木綿地絵羽染キモノに柿渋染名古屋帯のお支度です。
松林の部分のみ水玉柄を反転させて染めています。

IMG_5930
松原染織工房のゼンマイ紬無地キモノ(裏変わり水玉柄)キモノに岡本隆志さんの
型絵染名古屋帯(紫陽花)のお支度です。

IMG_5937
からむし織キモノに松原染織工房のゼンマイ紬地に縦ぼかし(鰹縞)本藍染名古屋帯のお支度です。
ゼンマイを織り込んだ部分が横段織になっていますので格子の様にも見えます。

IMG_5941
置賜紬キモノに刺繍名古屋帯のお支度です。

おキモノでのご来店ありがとうございます。

【神戸店】お客様コーディネートのご紹介

2017年6月26日 | 活動日記

お客様のコーディネートをご紹介いたします。

IMG_5745
紋紗キモノに紗紬地染名古屋帯(紫陽花)のお支度です。

IMG_5744
五百機織夏きぬキモノに柳 崇さんの墨地横段夏九寸帯のお支度です。

IMG_5742
岡重の長襦袢地をブラウスに仕立てられ、残布は名古屋帯を作られました。
ちなみに馬年生まれの方です、何年かはもちろん内緒です。

IMG_5878
紫陽花尽くしのお支度です。
紗袷わせキモノに帯もアジサイで合わせてみました とのことです。
紗袷わせの透け感が涼しげですね。

IMG_5739
紗紬キモノに松原染織工房の本藍長板染綿絽地名古屋帯のお支度です。

【浜松店】26日(月)まで松原染織工房展 開催中です

2017年6月23日 | 活動日記

22日(木)~26日(月)まで「松原染織工房展」開催中です。

“Japan blue” 人間国宝 長板中形 松原定吉 の手技を継承する
松原ブルーと称される「すまし建て」藍色の世界をご覧ください。

IMG_5888
本日23日(金)~25日(日)は 作家 松原 孝司さん来場中です。


IMG_5870
松原染織工房の小千谷紬無地キモノに紙布地紅型八寸帯(城間栄順さん)のお支度です。

IMG_5865
松原染織工房の栃尾紬無地キモノに紙布八寸帯のお支度です。

IMG_5863
結城縮キモノに宮古上布無地帯のお支度です。
ケロちゃんの根付けが季節感もあり可愛いですね!
麻の格子柄長襦袢がカジュアル感をより演出しています。

IMG_5875
松原與七さんの長板中形染絹地小紋キモノに染名古屋帯のお支度です。

IMG_5881
塩沢お召キモノに徳永伊都子さんの木綿柿渋地半巾帯のお支度です。

IMG_5884
松原染織工房の本藍無地裏変わり(水玉)夏牛首紬キモノに渡辺俊明さんの染名古屋帯の
お支度です。
日差しに裏染の水玉が浮んできます。


松原染織工房の無地染紬、産地によるそれぞれの特長の違いが際立っていますね。

6月18日(日)~19日(月)臨時休業いたします

2017年6月12日 | 活動日記

浜松店・神戸店共に6月18日(日)~19日(月)まで社員研修のため臨時休業いたします。
皆さまにはご不便をお掛けいたしますが、ご理解よろしくお願いいたします。
なお、20日(火)は定休日ですので、21日(水)より通常営業いたします。

【浜松店】お客様コーディネートのご紹介

2017年6月12日 | 活動日記

6月11日、松尾神社例大祭「水かけ神輿」が行われました。
松尾神社は約1300年前に「浜松神社」が現在の浜松城域に創立したのがはじまりで、
徳川家康が松尾の諸神と合祀して「松尾神社」となりました。

水掛神輿は、氏子10ヵ町(肴町→伝馬町→千歳町→平田町→旅籠町→塩町→成子町→東菅原町→西菅原町→元魚町)でリレーのように引き継ぎながら渡御します。
行く先々で氏子町の安全を祈り神輿に向かって水を掛けます。
IMG_5836

IMG_5830
御神輿巡幸の先頭は道案内の神様、白髭の大神(猿田彦神)です。

お客様のコーディネートをご紹介いたします。
IMG_5746
鮫小紋キモノに染織iwasakiの八寸帯、浦島太郎の帯留を合わせて。

IMG_5758
本塩澤キモノに染織iwasakiの絞り絣八寸帯「縞花」を合わせてサラリとした装いに。

IMG_5809
小千谷の耶麻紬キモノに捩り織り麻八寸帯のお支度です。
森真理子さんの手描き帯揚げに、小川郁子さんの江戸切子帯留を合わせるなどこだわりがいっぱいです。

IMG_5779
さらりとした風合いの小紋に久呂田明功さんの竪絽地葵柄名古屋帯のお支度です。
この時季は少しずつ軽やかな装いに変わっていきますね。

IMG_5792
ウージ(さとうきび)染めの久米島紬キモノに桐生絞り板締め名古屋帯のお支度です。

IMG_5800
屋根瓦の向こうに街並みが覗く紗合わせです。この時季ならではの装いですね。

IMG_5880
松原染織工房の藍染木綿キモノで揃えたお支度です。
ご主人のキモノのよろけ縞と同じ柄で奥さまのキモノの裏を染めているという、
さりげないお揃いコーディネートの仲の良いご夫婦です。

皆さま素敵なキモノ姿ですね。ご来店ありがとうございます。

【神戸店】お客様のコーディネートをご紹介いたします

2017年6月9日 | 活動日記

お客様のコーディネートをご紹介いたします。

IMG_5581
冷藍染 千葉よしのさんの小紋キモノに青戸柚美江さんの出雲織名古屋帯のお支度です。

IMG_5690
塩沢お召キモノに七野の麻地袋帯「紫陽花」のお支度です。

IMG_5691
ゼンマイ紬キモノに柳 崇さんの茶地夏九寸のお支度です。

IMG_5685
大島紬キモノに博多狂言格子八寸帯のお支度です。

IMG_5687
ご自身で仕立てされた久留米絣キモノに半巾帯のお支度です。
ドラえもんと鈴の帯留が可愛いですね!

IMG_5702
松原染織工房の牛首紬地藍染キモノに青戸柚美江さんの紙布八寸帯のお支度です。

IMG_5704
紬地小紋染キモノに田植え風景の刺繍八寸帯のお支度です。

IMG_5706
夏大島紬に麻地刺繍名古屋帯のお支度です。

IMG_5712
松原染織工房の本藍染小紋に厚司織八寸帯のお支度です。

IMG_5720
藍染板締め絞り紗紬キモノに藤布八寸帯のお支度です。
白く残っている部分は真綿をコットンボールのように丸めて置いて絞った部分です。

IMG_5738
夏大島紬キモノに臈纈染め名古屋帯のお支度です。
叔父様のループタイを帯留に加工されたそうです、麻絽の帯揚の色を合わせて
色を足しすぎないのが、これからの季節にはオシャレですね。

皆さま、ご来店ありがとうございます。


松原染織工房を訪ねました№3

2017年6月2日 | 活動日記

IMG_5043
染上がりは何度も丁寧に水洗いをします。

IMG_5046
水洗い後、天日干しをします。

IMG_5047

IMG_5050
型付けからの一貫した作業は天気の良い日にしか行えませんので、
気象情報について天気予報士並の経験と勘も大切な要素なのです。
雨の続く日は皆さん機嫌が悪いのです(笑)

IMG_5063

IMG_5072
天日を受けた藍色と白地のコントラストの美しさには感動します。

IMG_5148
乾いて取り込んだ反物をテンターで反幅を整え整理して検品し、完成品の出来上がりです。

IMG_5116
藍甕を攪拌して藍のコンディションを整えます。

IMG_5131
藍甕の表面は藍色ですが、中の液は薄茶色で空気に触れて藍色に変化します。
この藍甕一つで阿波藍五俵を使い藍建てしています。

IMG_5137
長板中形で人間国宝の指定を受けた定吉さんは、糊置から藍染まで一貫して行なうことに
情熱を注ぎ、本藍建てにもこだわりました。
他界された後も子息や孫達によって型紙作りから本藍染までの全ての工程を継承しています。
現在は子息の与七さん、孫の孝司さん、忠さんの三人で手作業は続いています。